バランスのとれたシェイプ

959パニガーレは、エンジンだけではなく、その美しさと装備など非常に重要な進化が見られます。
レーシング ディテール

フロント

959パニガーレの全てのディテールはドゥカティ レース史の賜物です。よりワイドになったノーズフェアリングとスクリーンによってエアロダイナミンク・パフォーマンスが向上。また、ミラーも新デザインになっています。

息をのむライン

リア

新しいテールは美しさと機能の2つが完璧に組み合わせられています。959パニガーレの完成されたデザインと進化したフットペグにはマシン仕上げビレット・アルミニウムを採用。

スーパーバイクDNA

フレーム


1299パニガーレのコンパクトなスーパ―クアドロ・エンジンを構造の一部として使用することで、アルミニウム製モノコックフレーム構造により耐性は向上します。”

X